HOME > コンテンツ > スプレッド

スプレッドとは

現物株式の取引を行なう場合には、どんなに手数料が格安なネット証券では必ず手数料が存在します。これは証券会社の実質的な収入となるので、ネット証券が誕生して以来、年々手数料が下がっていきますが、証券会社の実質的な収入となっている為に、今後も手数料が安くなっていく傾向があるとしても、無料になる事はないでしょう。
しかしFXの場合には、手数料が無料と言う業者がほとんどとなっています。株式投資を行っている人からみれば、驚く部分かもしれません。

FXの場合には手数料では収益を上げていない仕組みが、手数料無料になっています。現物株の取引の場合であれば、証券市場を通しての取引となりますが、FXの場合には業者と顧客との、相対取引となります。
現時点での為替相場を指標として、売りと買いの金額に差額があります。これは海外に行く際に両替を行なった事がある人であれば理解をする事が出来る点だと思います。
1ドル100円の場合に、10万円の両替を行なうと考えれば、単純計算で、100ドルを受取る事が出来る計算となりますが、実際に両替を行なうとなると、1ドル101円程度の金額で両替が行なわれます。旅行を楽しんだ後に、帰国をした際にも為替レートが同じ1ドル100円で、ドルを円に両替を行なおうとすると、逆に1ドル99円で両替が行なわれます。本来であれば1ドル100円なのに、1ドル101円や1ドル99円と不利な方向で両替が行なわれますが、これが両替を行なっている会社の利益となっているのです。
この売りと買いの時の差額がスプレッドとなります。この例の場合であれば、スプレッドとしては2円となります。

この仕組みを理解する事が出来れば、自分にとってメリットがあるのがスプレッド幅の金額が短い方が有利な両替が行なえると言う事が分かると思います。
FXもこの空港などの両替とほとんど同じ仕組みとなっているので、スプレッドが実質的な手数料としてコストとしてかかる事となります。しかし、このスプレッドは業者によって差が存在しています。また、値段の幅を持たせている変動制であったり、固定制を採用しているなど、業者によって実に様々となっています。

当然利益を考える上では、このスプレッド幅が狭いFX業者の方が有利と言えるので、FX業者を選択する際の一つの目安としてチェックする人が多いです。またこのスプレッド幅については、対象としている為替によっても、もちろん業者によって違いがあるので、自分の取引を検討している為替通貨ペアでのスプレッド幅もチェックをしておくのがオススメです。
変動制のスプレッドを採用している業者は、概ねスプレッド幅が狭い業者が多いです。メリットとしては、スプレッド幅が狭い業者が中心なので、利益を上げやすい業者と言えます。

しかし一方ではデメリットとしては、変動制となっている為に、自分の計算通りのスプレッドで注文を約定できない場合がある事になります。
例えばスプレッド幅が0.5銭~1銭の場合の変動制スプレッドの業者で取引をした場合に、0.5銭で約定をすれば良いのですが、1銭で約定をした場合には、場合によっては、損をした気分になるかもしれません。固定制スプレッドを採用している業者の場合には、スプレッドが固定されているので、自分の計算通りの取引を行っていく事が出来るメリットがある反面として、スプレッド幅が変動制の会社よりも、広いケースが多くなっています。
取引を行う上で、スプレッドについてしっかりと理解をしておき、自分の取引するスタイルを考慮してみて、スプレッドの事をチェックしてみてみるのが良いと思います。

FX取扱会社で有名企業はこちら
みんなのFX
FXブロードネット
マネーパートナーズ
MATRIX TRADER

オススメFX取扱証券会社ランキング!

マネーパートナーズ(パートナーズFXnano)

マネーパートナーズが提供しているFXサービスのうち『パートナーズFXnano』では、1000通貨よりも少ない100通貨から取引が可能となっているのが特徴となっています。FXをより身近な体感をしてもらう為に同社がリリースをしたサービスとなっています。証拠金も100円からとなっているので、業界でも確実に敷居の低いFX業者となっています。デモトレードはありませんが、実際に自分のお金を使ってFXの取引を行ってみる上で、最高の環境かもしれません。

マネーパートナーズ(パートナーズFXnano)
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

8通貨

100

1pip(全通貨共通)

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXトレーディングシステムズ

数あるFX業者の中で最も早くに1000通貨取引を開始したのがFXトレーディングシステムズ社になります。1000通貨での取引が可能となっているブロードライトコースでは、レバレッジについてはいくつかの倍率から選択をする事が出来て、最低証拠金は225円からとなっています。取引手数料が無料なのに加えて、レバレッジに関しても業界でも最高水準となっているので、オススメのFX業者となっています。

FXトレーディングシステムズ
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

24通貨

225

0.3銭~0.5

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

マネックスFX

FX業界で最高水準の自己資本規制比率を誇っているマネックスでは、初心者用のも含めて合計で3つの口座が用意されています。それぞれの通貨ペアは共通となっていますが、初心者から上級者に応じてレバレッジに制限がされているのが安心できるポイントとなっています。つい取引で熱くなってしまう傾向がある人の場合には、レバレッジの低い口座で取引をする事によって、大幅な損益を出す事を未然に防いでくれる効果もあるでしょう。

マネックスFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

12通貨

為替で変動

2銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXプライム

FX業者を選ぶ上で大切なポイントとなる点として、スリップページと言うのがあります。約定をしたい時や、経済の急激な変化によってこのスリップページが発生しやすくなります。スリップページに定評のある会社は多くありますが、あのリーマンショックの時にも安定したシステムを提供していたのが、FXプライムを語る上での一つのポイントとなります。手数料も掛かりません。スプレッドが少し他社と比較をして広くなっていますが、初心者はまずトレードになれる為にも良いでしょう。

FXプライム
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

14通貨

なし

2銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

外為ジャパン

米ドル/日本円のスプレッドが0.7銭となっているのは、業界の中でも最高水準のスプレッドとなっています。1000通貨単位で取引を出来る通貨ペアは5種類と少なくなっていますが、元々1000通貨単位での取引は初心者に向いている取引となるので、主要通貨ペアで取引を行う人には充分と言えるかも知れません。口座開設に伴うキャッシュバックキャンペーンを始め、スプレッドの縮小キャンペーンも頻繁に行なわれています。

MJのSpotBoard
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

6通貨

取引金額の4%以上

0.7

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

JFX(MATRIX TRADER)

JFXでは1000通貨単位での取引が可能なMATRIX TRADERが2010年2月スタートしました。新しい機能を追加しているトレーディングツールによって、快適な取引が実現しています。取引手数料が無料なのに加えてスプレッドも最高で0銭で上限が1銭となっているので、コストを重視したいすでにトレードを行なっている人からの乗り換えでの口座開設が行なわれている1社になります。

JFX(MATRIX TRADER)
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

21通貨

1000

0銭~1

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

みんなのFX

ユニークなテレビCMで話題になったみんなのFXも1000通貨単位での取引が可能となりました。他社にはユニークなサービスとしては、『みんなのSNS』と言うサービスが提供されていて、みんなで取引の情報交換を行なう事が可能となっています。取引手数料は掛かってしまいますが、24時間電話でのサポート体制があるのも安心をする事が出来る一つのポイントとなっています。

みんなのFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

3

5通貨

1000

0.7

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券では3つのFX口座が用意されていますが、その中の一つである「tradingstation」で1000通貨単位での取引に対応をしています。FXCMジャパンではすでにトレードに慣れている人用の口座と、システムトレードに特化した口座が他にも用意をされていますが、「tradingstation」に関しては、初めてのFX取引を行う人を対象としている口座となっています。取引手数料に関しても無料となっているので、コスト面では安くFX取引に参加をする事が出来る様になっています。

FXCMジャパン証券
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

26通貨

制限無し

平均2

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFXでも1000通貨単位の取引が可能となっています。取引の際には手数料が掛かってしまう点がちょっと気になります。業界としては大手の部類となっていて、すでに口座開設数に関しても10万口座を突破しています。2007年時点の口座開設者数と比較をすると何倍もの人の数となっていて、その右肩上がりの順調な口座開設数は特筆すべき点となっています。店頭FXサービスとなる『外貨ex』以外にも、くりっく365にも対応をしています。

サイバーエージェントFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

30円

10通貨

1万円

1銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

SAXO BANK

取引システムの環境を他社にも提供をしていて、システムでの定評が高いSAXO BANKのFXサービスでも1000通貨単位での取引を行えます。対象となるのは『ミニコース』となり、他のコースと比較をするとスプレッドが広い点が気になるポイントとなりますが、しっかりとした取引環境で取引を行えるのがメリットとなるポイントとなります。自己資本規制比率についても高い位置で安定している会社の1社となっています。

SAXO BANK
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

21通貨

なし

3銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

ヒロセ通商のLION FX

ヒロセ通商のFXサービスにはたくさんの口座が用意をされていますが、その中でもLION FXでは1000通貨単位での取引に対応をしています。レバレッジ規制後、個人の投資家に対しては50倍までとなっていますが、法人の場合では最大で300倍のレバレッジに対応をしています。口座開設キャッシュバックを始めとして各種のキャンペーンについても、積極的に行なわれていて、中にはユニークなものも多くなっている会社となっています。

ヒロセ通商のLION FX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

50通貨

1万円

0銭~1

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

マネースクウェアジャパンのトリラピ

初心者の人でも取り組みやすい自動売買システムが最大の特長となっているのが、マネースクウェアジャパンのトリラピになります。こちらのシステムを使った取引でも1000通貨単位での取引が可能となっています。スプレッドであったり、取引手数料が発生する点から、コスト面では、他社サービスよりも掛ってしまい、一見するとサービス面で劣っている様に見られがちですが、自動売買システムとして定評のあるトリラピを使用する事が出来る点からも、他のサービスと比較をしても、遜色はないと思います。

フォレックストレーダー
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

30

8通貨

取引金額の4%以上

4

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

フォレックストレーダー

強固なシステムが特長となっているのがフォレックストレーダーの特長となりますが、もう一つの口座であるMetaTrader4でも1000通貨単位での取引を行う事が出来ます。こちらのMetaTrader4は自動取引システムにも対応をしていますが、この様な児童取引システムが搭載されている口座で 1000通貨単位での取引に対応をしているサービスが少ないので、その点が非常に魅力となっています。スプレッドは狭い業者と比較をすると、少し広い気がしますが、自動売買システムのメリットを享受できる点は魅力です。

フォレックストレーダー
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

47通貨

100,000

2

最大25

資料請求・口座開設はこちらから
ページトップへ