HOME > 1000通貨 FX業者 > 株式会社FXCMジャパン証券

株式会社FXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券では3つのFX口座が用意されていますが、その中の一つである「tradingstation」で1000通貨単位での取引に対応をしています。FXCMジャパン証券ではすでにトレードに慣れている人用の口座と、システムトレードに特化した口座が他にも用意をされていますが、「tradingstation」に関しては、初めてのFX取引を行う人を対象としている口座となっています。取引手数料に関しても無料となっているので、コスト面では安くFX取引に参加をする事が出来る様になっています。

FXCMジャパン証券
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

26通貨ペア

制限無し

平均2

最大25

資料請求・口座開設はこちらから
キャンペーン情報

FXCMジャパン証券では2010年8月現在は口座開設に伴うキャッシュバックなどを始めとしたキャンペーンを行なっておりません。しかし、定期的にキャンペーンは行なわれているので、詳細について知りたい人は、必ずFXCMジャパン証券の公式サイトを確認する様にしておいて下さい。

資料請求・口座開設はこちらから
会社情報

会社名

株式会社FXCMジャパン証券

FXサービス名

「tradingstation」・「TS Tight」・「シストレステーション」

住所

東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館12F

自己資本規制比率

327.5%(2010年6月現在)

株式会社FXCMジャパン証券

FX専門のオンライントレードFXCMジャパン証券のサービス内容に違いがある3種類の商品を取り扱っています。それぞれ手数料や取引単位、証拠金などが異なっていますので、自分に合った商品を選んでFX取引を始めましょう。

そのうちの一つであるトレーディングステーション、これは1000通貨という少ない単位から取り引きできる初心者向けの商品になります。それではFXCMジャパン証券の初心者向け商品、トレーディングステーションのサービス内容を見ていきましょう。

まず前述の通り、最小取引単位は1000通貨からとなっています。取引単位が少なければ、その分利益は減るもののリスクも小さく、練習の機会にはうってつけの特長と言えます。

続いて取引に影響する直接的なコスト、取引手数料は取引単位に関わらず無料で提供されています。他の証券会社では取引単位によって手数料が必要になるケースが多いものの、FXCMジャパン証券ではどのような取引スタイルでも手数料はかからないのです。

また同じく取引コストとなるスプレッド、こちらも徹底的に低く設定されています。例えば主要通貨ペアである米ドル/円の場合、最小値が0.6で平均値は1.9と掲載されています。

変動タイプを採用しているため、市場の急激な変動によっては激しく上下することも考えられますが、基本的な標準偏差は0.3となります。このほかの通貨ペアに関しても公式サイトで公開されていますので、気になる人は一度目を通してみてはいかがでしょうか。

そして、操作性に優れた取引システムも欠かせない魅力の一つです。FX Trading Station 2.0と呼ばれる独自のトレードツールは、常に動き続けるFX市場でも、売買タイミングを逃すこと無くスピーディーな注文が出来るでしょう。

このようにFXCMジャパン証券のサービストレーディングステーションは、1000通貨という最小取引単位だけが特長ではありません。様々な魅力があるからこそ支持されるFXCMジャパン証券、初心者には是非とも利用をおすすめします。

ページトップへ