HOME > FXニュース > FX規制特集:ハイレバレッジ投資家は海外流出も=池辺雪子

FX規制特集:ハイレバレッジ投資家は海外流出も=池辺雪子

[東京30日ロイター]外為証拠金取引(FX)にかかるレバレッジの規制が強化されることについて、実際に取引を行う個人投資家はどうみているのか。ロイターは、著名な個人投資家として知られる池辺雪子氏に聞いた。
池辺氏は『あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義』(扶桑社)などの著作で、日本の主婦FXトレーダーの総称でもある「ミセスワタナベ」のカリスマとして知られ、個人投資家を対象にした投資セミナーでは複数のFX投資家と交流している。同氏は、規制の影響について、大勢に変化はないと見る。大多数の投資家が10-20倍程度のレバレッジで取引をしており、規制導入後も投資スタンスは変わらないとの見方だ。一方、ハイレバレッジで取引してきた投資家は、海外に口座を設けるなどして従来通りの取引スタイルを継続するのではないかとの認識を示した。
インタビューの主な内容は以下の通り。

─レバレッジの規制強化は、投資家行動にどう影響するか。
「今までハイレバレッジを利用できる会社では、それこそ1000通貨単位というすごい安い金額での取引が可能だった。元手となる資金を注ぎ込まず同じ投資金額の範囲内で取引を行う限り、当然ながら枚数が減ることになる」
「ただ、業界の預かり資金や口座数も、リーマンショック当時に一時減ったものの、その後はすぐ回復した。規制が実施されてもFXから資金が逃げないという意味では、あまり変わらないのではないか」

──高いレバレッジのあり方をどうみるか。
「これまでハイレバレッジで取引してきた人は、その姿勢を変えないと思う。日本の業者は8月から50倍が限度になるため、ハイレバレッジで行える海外の業者に口座を開く人が増えていると聞く」
「私自身は、最初に始めた時のレバレッジは10倍。著書でも5-7倍の運用方法の仕方を書いている。だから(最終的に25倍にまで引き下げる)今回の規制に関して驚きはない」
「仮にハイレバレッジで取引をしても、自分なりの損切りを設定して損失を最小限にとどめる。次にチャンスがめぐってきたとき、大きな利幅を取って損失を相殺する。こうして1年でトータルして考える。重要なのはきっちり資金管理や配分をすることで、レバレッジが何倍でも利益はあげられる」

──FX業界の側に課題はあるか。
「取引画面と実際のスプレッドに違いがあるなど、不透明な取引をする業者がいまだに一部でいるようだ。まったくFXの知識を持たず、ちょっとやってみようかと始める投資家の最初の入金額は平均20万円-30万円とされるが、すぐに資金を失ってしまい投資をやめる人もなかにはいる。業者に関する信頼性の高い口コミ情報などを持たない新しい利用者が参入してはやめていくという回転だ」
「顧客が安心して取引できるようにする必要がある。そうでなければ業界は廃れてしまう。変な業者が淘汰され、健全に運営している業者に残って欲しい」

*このインタビューは29日に実施しました。
(ロイターニュース平田紀之)

※こちらはロイターの記事の引用となります。

FX取扱会社で有名企業はこちら
みんなのFX
FXブロードネット
マネーパートナーズ
MATRIX TRADER

オススメFX取扱証券会社ランキング!

マネーパートナーズ(パートナーズFXnano)

マネーパートナーズが提供しているFXサービスのうち『パートナーズFXnano』では、1000通貨よりも少ない100通貨から取引が可能となっているのが特徴となっています。FXをより身近な体感をしてもらう為に同社がリリースをしたサービスとなっています。証拠金も100円からとなっているので、業界でも確実に敷居の低いFX業者となっています。デモトレードはありませんが、実際に自分のお金を使ってFXの取引を行ってみる上で、最高の環境かもしれません。

マネーパートナーズ(パートナーズFXnano)
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

8通貨

100

1pip(全通貨共通)

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXトレーディングシステムズ

数あるFX業者の中で最も早くに1000通貨取引を開始したのがFXトレーディングシステムズ社になります。1000通貨での取引が可能となっているブロードライトコースでは、レバレッジについてはいくつかの倍率から選択をする事が出来て、最低証拠金は225円からとなっています。取引手数料が無料なのに加えて、レバレッジに関しても業界でも最高水準となっているので、オススメのFX業者となっています。

FXトレーディングシステムズ
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

24通貨

225

0.3銭~0.5

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

マネックスFX

FX業界で最高水準の自己資本規制比率を誇っているマネックスでは、初心者用のも含めて合計で3つの口座が用意されています。それぞれの通貨ペアは共通となっていますが、初心者から上級者に応じてレバレッジに制限がされているのが安心できるポイントとなっています。つい取引で熱くなってしまう傾向がある人の場合には、レバレッジの低い口座で取引をする事によって、大幅な損益を出す事を未然に防いでくれる効果もあるでしょう。

マネックスFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

12通貨

為替で変動

2銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXプライム

FX業者を選ぶ上で大切なポイントとなる点として、スリップページと言うのがあります。約定をしたい時や、経済の急激な変化によってこのスリップページが発生しやすくなります。スリップページに定評のある会社は多くありますが、あのリーマンショックの時にも安定したシステムを提供していたのが、FXプライムを語る上での一つのポイントとなります。手数料も掛かりません。スプレッドが少し他社と比較をして広くなっていますが、初心者はまずトレードになれる為にも良いでしょう。

FXプライム
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

14通貨

なし

2銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

外為ジャパン

米ドル/日本円のスプレッドが0.7銭となっているのは、業界の中でも最高水準のスプレッドとなっています。1000通貨単位で取引を出来る通貨ペアは5種類と少なくなっていますが、元々1000通貨単位での取引は初心者に向いている取引となるので、主要通貨ペアで取引を行う人には充分と言えるかも知れません。口座開設に伴うキャッシュバックキャンペーンを始め、スプレッドの縮小キャンペーンも頻繁に行なわれています。

MJのSpotBoard
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

6通貨

取引金額の4%以上

0.7

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

JFX(MATRIX TRADER)

JFXでは1000通貨単位での取引が可能なMATRIX TRADERが2010年2月スタートしました。新しい機能を追加しているトレーディングツールによって、快適な取引が実現しています。取引手数料が無料なのに加えてスプレッドも最高で0銭で上限が1銭となっているので、コストを重視したいすでにトレードを行なっている人からの乗り換えでの口座開設が行なわれている1社になります。

JFX(MATRIX TRADER)
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

21通貨

1000

0銭~1

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

みんなのFX

ユニークなテレビCMで話題になったみんなのFXも1000通貨単位での取引が可能となりました。他社にはユニークなサービスとしては、『みんなのSNS』と言うサービスが提供されていて、みんなで取引の情報交換を行なう事が可能となっています。取引手数料は掛かってしまいますが、24時間電話でのサポート体制があるのも安心をする事が出来る一つのポイントとなっています。

みんなのFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

3

5通貨

1000

0.7

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

FXCMジャパン証券

FXCMジャパン証券では3つのFX口座が用意されていますが、その中の一つである「tradingstation」で1000通貨単位での取引に対応をしています。FXCMジャパンではすでにトレードに慣れている人用の口座と、システムトレードに特化した口座が他にも用意をされていますが、「tradingstation」に関しては、初めてのFX取引を行う人を対象としている口座となっています。取引手数料に関しても無料となっているので、コスト面では安くFX取引に参加をする事が出来る様になっています。

FXCMジャパン証券
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

26通貨

制限無し

平均2

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

サイバーエージェントFX

サイバーエージェントFXでも1000通貨単位の取引が可能となっています。取引の際には手数料が掛かってしまう点がちょっと気になります。業界としては大手の部類となっていて、すでに口座開設数に関しても10万口座を突破しています。2007年時点の口座開設者数と比較をすると何倍もの人の数となっていて、その右肩上がりの順調な口座開設数は特筆すべき点となっています。店頭FXサービスとなる『外貨ex』以外にも、くりっく365にも対応をしています。

サイバーエージェントFX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

30円

10通貨

1万円

1銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

SAXO BANK

取引システムの環境を他社にも提供をしていて、システムでの定評が高いSAXO BANKのFXサービスでも1000通貨単位での取引を行えます。対象となるのは『ミニコース』となり、他のコースと比較をするとスプレッドが広い点が気になるポイントとなりますが、しっかりとした取引環境で取引を行えるのがメリットとなるポイントとなります。自己資本規制比率についても高い位置で安定している会社の1社となっています。

SAXO BANK
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

21通貨

なし

3銭~

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

ヒロセ通商のLION FX

ヒロセ通商のFXサービスにはたくさんの口座が用意をされていますが、その中でもLION FXでは1000通貨単位での取引に対応をしています。レバレッジ規制後、個人の投資家に対しては50倍までとなっていますが、法人の場合では最大で300倍のレバレッジに対応をしています。口座開設キャッシュバックを始めとして各種のキャンペーンについても、積極的に行なわれていて、中にはユニークなものも多くなっている会社となっています。

ヒロセ通商のLION FX
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

50通貨

1万円

0銭~1

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

マネースクウェアジャパンのトリラピ

初心者の人でも取り組みやすい自動売買システムが最大の特長となっているのが、マネースクウェアジャパンのトリラピになります。こちらのシステムを使った取引でも1000通貨単位での取引が可能となっています。スプレッドであったり、取引手数料が発生する点から、コスト面では、他社サービスよりも掛ってしまい、一見するとサービス面で劣っている様に見られがちですが、自動売買システムとして定評のあるトリラピを使用する事が出来る点からも、他のサービスと比較をしても、遜色はないと思います。

フォレックストレーダー
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

30

8通貨

取引金額の4%以上

4

最大25

資料請求・口座開設はこちらから

フォレックストレーダー

強固なシステムが特長となっているのがフォレックストレーダーの特長となりますが、もう一つの口座であるMetaTrader4でも1000通貨単位での取引を行う事が出来ます。こちらのMetaTrader4は自動取引システムにも対応をしていますが、この様な児童取引システムが搭載されている口座で 1000通貨単位での取引に対応をしているサービスが少ないので、その点が非常に魅力となっています。スプレッドは狭い業者と比較をすると、少し広い気がしますが、自動売買システムのメリットを享受できる点は魅力です。

フォレックストレーダー
手数料 通貨ペア 最低証拠金 スプレッド レバレッジ

無料

47通貨

100,000

2

最大25

資料請求・口座開設はこちらから
ページトップへ